フコイダンの詳細

フコイダンのヌメリ成分の働きとは

 海藻は一般的に色によって分類されています。褐藻類、紅藻類、緑藻類、藍藻類というようにです。褐藻類はモズクやコンブ、ワカメ、ヒジキ、紅藻類はテングサ、アマノリ、緑藻類はアオノリ、アオサ、藍藻類はクダモ、ヒゲモなどです。

 海藻に含まれるフコイダンはどのような働きがあるのでしょうか。なぜヌメリ成分があるのでしょうか。フコイダンは海藻の葉にある粘膜管から分泌されます。葉や茎が潮の流れや砂などで傷んだときに、そこから細菌が侵入しないように防御してくれているのです。さらに引き潮のときに海藻は大気にさらされて乾きますが、フコイダンはこの乾燥も防いでくれます。まさにフコイダンの成分ヌルヌルは「天然の潤い成分」といってもよいのです。


 このため深い海域で成長する褐藻類よりも浅い海域で繁茂する褐藻類のほうがフコイダンの含有量が多いのが特徴です。コンブよりもモズクのほうがヌメリ成分が多く、海藻のなかでもフコイダンがいちばん多いのがモズクといわれています。

 
 食用とされるモズクは、イトモズクとオキナワモズクの2種類で、沖縄で好まれているオキナワモズクのほうが栄養価が高く、現在ではほとんどがオキナワモズクになっています。国内で消費されるモズクの90%以上がオキナワモズクです。ただし、オキナワモズクという名前がついていますが、これは沖縄だけでとれるものではなく、温暖な海に生育するモズクの種類を表しています。現在ではノリと同じように養殖技術が発達し、オキナワモズクも養殖でつくられ、その大半は沖縄で養殖されているのです。


 さらに、南太平洋諸島のトンガ王国などでも、最近はさかんにモズクが採取されるようになってきました。こちらもたいへん良質なモズクとして市場に出回っています。トンガ王国は、サンゴ礁に囲まれた大小170の島からなる国です。各島のまわりのトンガ海溝から上昇してくる水は清澄で、ミネラル分を豊富に含んでいます。水質汚染とは全く無縁のこの海域は、またフコイダンの原料である天然モズクの絶好の採取場となっているのです。

『フコイダンの成分が多いのはもずく』

 一般的に「フコイダン」が多い海藻はモズクといわれていますが、どれくらいの量が含まれているのでしょうか。流球大学の研究によれば、モズクのフコイダンの化学組成は、全糖が67.2%、ウロン酸13.5%、灰分23.0%、硫酸11.9%、水分3.2%であることが確認されています。構成糖の大部分はL-フコースで、ほかにDキシロースがわずかに含まれているだけです。多糖類のなかでも90%以上がフコイダンで、純度が高いのが特徴になっています。

(注:L-フコース、Dキシロース等についてはフコイダン用語集をご参照下さい。)

 また、この組成がフコイダンを精製しようとしたときに理想的なことも確かめられています。仮にコンブからフコイダンを精製しようとすると、ヌメリ成分の一つアルギン酸などが混入して精製するには時間と手間がかかりすぎます。さらに、コンブはモズクに比べてフコイダンの含有量が5分の1から8分の1しかなく、フコイダンを能率よく効果的に精製するにはモズクが一番適していることがわかり、フコイダンを安定して供給することが可能となったのです。

 一方、トンガ王国産モズクにもフコイダン成分が多く含まれています。「超低分子モズクエキス入りフコイダン」の原材料はこのトンガ王国産モズクです。 生のモズク1kgから抽出できるフコイダンは1gといわれています。たくさんのフコイダンを摂取しようとすると、スーパーなどで売っているモズク20パック分(1パック90g)以上も食べなければなりません。

  毎日20パックも食べ続けるのは、実際には無理です。飽きてしまうばかりか、栄養バランスが偏り、塩分の過剰摂取も心配です。その上、生のモズクをいくら食べても、肝心のフコイダンは私たち人間の体内では消化吸収されずに体外へと排出されてしまうのです。 さらに自然のモズクに含まれるフコイダンは成分量も一定しない欠点があり、このため天然のものを確実に摂取するには科学的な方法でかつ安全に抽出された健康食品などのフコイダンが理想的といえるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ