Q&Aコーナーはこちらです

ご質問一覧

疑問1:フコイダンて一体何なの?

疑問2:フコイダンはどんな人がどのようにして飲んでいるの?

疑問3:沖縄産フコイダンとトンガ産フコイダン、どうちがうの?

疑問4:フコイダンってどんな味?おいしいの?まずいの?

疑問5:フコイダンはどのように飲めばいいの?

疑問6:シーフコイダンの保存のし方は?

疑問7:子供はフコイダンを飲んでも大丈夫?

疑問8:他の健康食品とフコイダンを一緒に飲んでもいいの?

疑問9:モズクを食べればフコイダンを吸収できるんじゃないの?

疑問10:フコイダンって何でこんなに高いの?

ご解答例

疑問1 :フコイダンて一体何なの?

回答1 : フコイダンはモズクやワカメ・コンブなどの海藻特有のヌメリ成分に多く含まれる多糖類の一種です。化学的な構造としては、フコースと呼ばれる糖に硫酸基が結合したもので、数多く連結したものの総称です。

 補足1: 多糖類とは2つの単糖類がグリコシド結合することによって二糖類が生じました。このグリコシド結合が連続することで生じる高分子化合物を多糖類といいます。分子式は(C6H10O5)nで表されます。 nC6H12O6 → (C6H10O5)n+n-1H2O多糖類で知らなくてはいけないのはデンプンとセルロースの2つです。

 補足2: フコイダンの中に含まれている硫酸基とは、人間の胃にも存在している成分です。硫酸基は皆様ご存知の劇薬”硫酸”の元になっている物質ですが、硫酸基単体ではまったく無害の物質です。多糖類の物質ですが、他の多糖類とは異なりフコイダン中のフコース(糖)に硫酸基が付着している硫酸化フコースを持っていることが、フコイダンの定義になります。 フコースに付着している硫酸基は水分を保持しながらヌルヌル状態を作りだします。また、硫酸基は人間の胃粘膜の粘質性の成分でもあるため、フコイダンが胃の中に入っていった時に、このヌルヌル成分が胃の粘膜ととてもなじみやすいという特徴を持っています。 フコイダンが持つ、他の多糖類とは異なった機能性は、硫酸基がフコース(糖)に付着しているというその特殊な分子構造にあります。硫酸基はもずくを一度乾燥させてしまうとその成分が壊れてしまう為、フコイダンを製品化する際は、乾燥させていない生のモズクを使用しているということが重要になります。 ここ数年、フコイダンがとても注目されてきたことから、インターネットや書籍など、いろいろな場面でフコイダンが紹介されているのを見かけますが、中には硫酸基の含有量がとても少ない製品も含まれておりフコイダン製品を選ぶ際は注意が必要です。


 

疑問2 :フコイダンはどんな人がどのようにして飲んでいるの?

回答2 :回答5をご参照下さい。 お客様の状況により個々に飲用量が 異なります。 お手数ですが詳細はサイトまでお問い合わせ下さい。

☆お問合せフォームへ

フリーダイヤル:0120-080-251


 

疑問3 :沖縄産フコイダンとトンガ産フコイダン、どうちがうの?

回答3 :トンガ産モズクは沖縄産モズクよりフコイダンの含有量が多 いのは事実です。原料のモズクについてはトンガ産は沖縄産約3倍ぐらいのフコイダンを含んでいます。製品中に3倍のフコイダンが含有されているということではありません。製品としてのフコイダンの含有量は、シーフコイダンが100ml中にフコイダン約4g、フコイダン原末についてはカプセルが1カプセル中に約0.167g、顆粒が1包中に約0.767gで 大きな違いは分子量にあります。

『高分子フコイダン・低分子フコイダンの区別』

 フコイダン原末(高分子)

  分子量:200000ダルトン 吸収力:十分有り

 シーフコイダン(超低分子)

  分子量:500ダルトン 吸収力:更に吸収力アップ

 ※通常食事をしたときに、食べ物が胃や小腸で消化吸収される最も 大きな分子量は3000ダルトン~4000ダルトン 『分子量(ダルトン)』の説明 分子量を示す単位を「ダルトン」といい、原子として存在する炭素12の質量を1ダルトンとして、これを基準に分子の質量を相対的に示したものがダルトンです。 「グラム」としての単位で無いことに注意してください。

 例えば分子量が『3万キロダルトン』の大きさは、 (約6×10-20グラム)で表示されます。 1つの分子は、人間の大きさで考えると、1辺が約25キロメートルの巨大な立方体の中のビー球1個程度という極めて小さな物質ということになります。 食事をした際、食べ物が、胃や小腸で消化吸収される最も大きな分子量は、3000ダルトンから4000ダルトンといわれています。

 フコイダンは多糖類で、いくつもの糖が複雑にからみあった状態で存在します。このため、分子の大きさはとても大きく、各分子は通常20万ダルトンをこえる高分子の状態(すなわちフコイダン原末)で存在します。 人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される分子の大きさの3000~4000の分子の大きさでも、腸で吸収されるのは、全体の4~5%と言われています。残りの95%は便となって排泄されます。 分子の大きさが20万のフコイダンを、特殊な技術を使って分子の大きさが500という非常に小さな超低分子のフコイダン(すなわちシーフコイダン)は一般的に通常の高分子の製品に比べさらに吸収力がアップされたといわれています。 注意していただきたいのは、高分子だから吸収力がないというわけではありません。高分子のフコイダンも体内に吸収されるには十分なものです。人間が吸収する分子の大きさは3000~4000ですので、シーフコイダンはその大きさの6分の1ぐらいになっています。


 

疑問4 :フコイダンってどんな味?おいしいの?まずいの?

回答4 :シーフコイダンの加糖タイプはハチミツカラメル入りですので飲みやすく なっています。無糖タイプは少し酸味がしますがそれほど気になる味ではありません。 フコイダン原末顆粒は多少においがしますが、ほとんど気になり ません。顆粒薬のようにサラサラと口に含んでのめる感じです。 カプセル・粒は味はしません。 胃薬や漢方薬のような苦味はありません。


 

疑問5 :フコイダンはどれくらい、どのように飲めばいいの?

回答5 :シーフコイダンであれば1日30~60mlを目安に、 フコイダン原末カプセルであれば1日6~15カプセルを目安に、 フコイダン原末顆粒であれば1日1~3包を目安に、 朝お目覚め後・就寝前の2回に分けるか、これに昼食30分前の 1回を加えて3回に分けるか、更に夕食前の1回を加えて4回に 分ける方法をお勧めします。 空腹時は、からだがエネルギー補給のため栄養を吸収する力が強く 働いています。食べたものを消化吸収するはたらきが上がりますので 空腹時に飲まれることをお勧めします。 夜寝る前。人間は夜寝ると、内蔵も休息します。胃や腸が休息してい るにもかかわらず、胃に食べ物がはいると、副交感神経のはたらきに より胃の吸収機能が促進されるからです。

お客様の状況により個々に飲用量が異なります。 お手数ですが詳細はサイトまでお問い合わせ下さい。

☆お問合せフォームへ

フリーダイヤル:0120-080-251


 

疑問6 :シーフコイダンの保存のし方は?

回答6 :未開封であれば常温で保存してください。 開封後は、冷蔵庫に入れて保存して下さい。開封後1~1.5ヶ月以内 に飲まれることをお勧めいたします。 フコイダン原末は常温での保存で大丈夫です。


 

疑問7 :子供はフコイダンを飲んでも大丈夫?

回答7 :フコイダンはモズクやコンブなどの海藻類に含まれる天然の食物成分 です。モズクやコンブを食べているのと同じことなので、年齢を問わず どなたでも継続的にお飲みいただけます。


 

疑問8 :他の健康食品とフコイダンは一緒に飲んでもいいの?

回答8 :シーフコイダンは、天然のモズクから作られているものです。したがっ て、他の健康食品と併用して飲んでいただいても問題ありません。


 

疑問9:モズクを食べればフコイダンを吸収できるんじゃないの?

回答9:「モズク」を食べるとすれば、1日約2kg(バケツ1杯分)を食べ続けなけ ればなりません。 それだけの量を食べるのはかなり難しく、食べたとしても人間の体は 海藻を分解する酵素を持たないため、フコイダンを体内に吸収すること ができずに、ほとんどが排出されてしまいます。


 

疑問10:フコイダンって何でこんなに高いの?

回答10:フコイダンはモズク1kgからわずか1gしか取れない希少価値の高いも のです。たくさんのモズクを原料として、モズク抽出液から特殊な技法で 精製していますので、価格的に高くなってしまいます。

☆お問合せフォームへ

フリーダイヤル:0120-080-251

サブコンテンツ

このページの先頭へ